プロフィール

はじめまして、市原えつこです。

まずはカッチリめのアーティストプロフィールから失礼します。

市原 えつこ / Etsuko Ichihara

メディアアーティスト、妄想インベンター。1988年、愛知県生まれ。早稲田大学文化構想学部表象メディア論系卒業。日本的な文化・習慣・信仰を独自の観点で読み解き、テクノロジーを用いて新しい切り口を示す作品を制作する。アートの文脈を知らない人も広く楽しめる作品性から、国内の新聞・テレビ・Web媒体、海外雑誌等、多様なメディアに取り上げられている。
主な作品に、大根が艶かしく喘ぐデバイス《セクハラ・インターフェース》、虚構の美女と触れ合えるシステム《妄想と現実を代替するシステムSRxSI》、家庭用ロボットに死者の痕跡を宿らせ49日間共生できる《デジタルシャーマン・プロジェクト》等がある。
2016年にYahoo! JAPANを退社し独立、現在フリーランス。クリエーター事務所「QREATOR AGENT」所属。
第20回文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門優秀賞を受賞、総務省異能vation(独創的な人特別枠)採択。
主な展覧会として、「デジタル・シャーマニズム – 日本の弔いと祝祭」(NTTインターコミュニケーション・センター[ICC])等。

【公式Webサイト】http://etsuko-ichihara.com/

主なメディア掲載

【テレビ】日本テレビ「月曜から夜ふかし」、フジテレビ「新発見アートバラエティ アーホ!」、テレビ東京「B級ニュースSHOW」、日本テレビ「SENSORS」、フジテレビ「見えちゃった!テレビ」、MBS毎日放送「ナミノリ!ジェニー」、TOKYO MX、Abema TV、フジテレビホウドウキョク、NHK秋田、鹿児島テレビ、他
【Web】Yahoo! JAPANトップ(ヤフートピックス)、GIZMODE、WIRED、ねとらぼ、Kotaku、Rocket News、SENSORS、Engadget、KAI-YOU、週刊アスキー、日刊SPA!、他多数
【ラジオ】TOKYO FM、J-WAVE、日本ラジオ、ソラトニワ、他
【雑誌・新聞】AERA、anan、東京新聞、朝日新聞(全国)、美術手帖、プレイボーイ、a day magazine(タイ)、リベラシオン(フランス)、他

 

これまでの作品がまとまった動画はコチラ

お前は誰ぞ

と、概要をざっと読んでも正直良く分からないと思いますのでもう少し詳しく書いてみます。

これまでのあゆみ(編集中)

▶1988年:愛知県生まれ
愛知県のド田舎で自然に親しみながら生まれ育ち、幼いころはとにかく絵やイラスト、漫画を描くのが大好きで、おとなしい子供でした。
実家は音楽一家で、幼少の頃からファミリーコンサートを実施するというやや不思議な一家でした。

▶2007年頃: メディアアート&日本の性文化に興味を持つ
高校では美大受験しましたが、学費の高さやその他もろもろを考慮し断念。早稲田大学の文化構想学部へ進学します。美大への未練にさいなまれつつも、大学では神尾達之先生、宮沢章夫先生などユニークな教授陣から表象文化論や社会学を学び、充実した勉学ライフを送れたようです。その他映像制作、イラストレーション、コピーライティング、グラフィックデザインなど独学で学びまくり表現難民と化していた頃、ICCでメディアアートに触れて「これは面白いぞ!!」と衝撃を受けます。3年次からはメディアアート研究の第一人者である草原真知子先生の研究室に入り、卒業制作として「セクハラ・インターフェース」を制作。

▶2011年-2016頃: Yahoo! JAPANでデザイナー&副業アーティスト時代
とにかくものづくりを仕事にしたい・・・!という執着が高じて晴れてYahoo! JAPANにデザイナーとして新卒入社。お金をもらいながらデザインの勉強ができる最高な環境にヒャッハー!となるものの、学生の頃の変態的ものづくりの喜びが忘れられず課題解決としてのデザインに対して息苦しさも。そんな折、突如AR三兄弟の川田十夢さんにイベントに誘われ、卒業制作だったセクハラ・インターフェースを出品。その後セクハラ大根が突然バズり、なしくずし的に副業作家活動がスタートします。

(以下、編集中)

 

このブログは

メディアアーティストの市原えつこが、作品制作のこと、クリエーター向けのノウハウ、フリーランス・副業などの働き方、テクノロジー・・・などなど書き散らかすブログです。

方向性についてはまだまだ模索中ですので「こんな記事を書いておくれ」みたいなものがあれば是非Twitterなどでリクエストをいただけると嬉しいです!