プロフィール

 

Photo by Takehiro Goto | 先端テクノロジーを用いて示す新しい弔いのカタチ-市原えつこインタビュー

市原 えつこ / Etsuko Ichihara

メディアアーティスト、妄想インベンター。1988年、愛知県生まれ。早稲田大学文化構想学部表象メディア論系卒業。日本的な文化・習慣・信仰を独自の観点で読み解き、テクノロジーを用いて新しい切り口を示す作品を制作する。アートの文脈を知らない人も広く楽しめる作品性から、国内の新聞・テレビ・Web媒体、海外雑誌等、多様なメディアに取り上げられている。
主な作品に、大根が艶かしく喘ぐデバイス《セクハラ・インターフェース》、虚構の美女と触れ合えるシステム《妄想と現実を代替するシステムSRxSI》、家庭用ロボットに死者の痕跡を宿らせ49日間共生できる《デジタルシャーマン・プロジェクト》等がある。
2016年にYahoo! JAPANを退社し独立、現在フリーランス。クリエーター事務所「QREATOR AGENT」所属。
第20回文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門優秀賞を受賞、総務省異能vation(独創的な人特別枠)採択。2018年に世界的なメディアアート賞であるアルスエレクトロニカInteractive Art+部門でHonorary Mention(栄誉賞)を受賞。
主な展覧会として、「デジタル・シャーマニズム – 日本の弔いと祝祭」(NTTインターコミュニケーション・センター[ICC])、「文化庁メディア芸術祭」(オペラシティアートギャラリー)等。

【公式Webサイト】http://etsuko-ichihara.com/

Summary

  • 「死後49日を共生できるロボット」で第20回文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門優秀賞
  • 世界的メディアアート賞Prix Ars Electronicaで栄誉賞を受賞
  • 総務省の「変な人発掘プロジェクト」こと異能vation(独創的な人特別支援枠)採択
  • 「月曜から夜ふかし」「NHK WORLD」「めざましTV」などメディア出演多数
  • 「TEDxUTokyo」など外部講演多数、TV番組やイベントMCも担当
  • ISIDイノラボ 外部研究パートナー(Japanology Researcher)
  • 内閣官房オリンピック・パラリンピック基本方針推進調査:文化を通じた機運醸成試行プロジェクト採択
  • 日本経済新聞COMEMOキーオピニオンリーダー
  • 「すべての業界のぶっとんだ人が集まる」QREATOR AGENT所属

主なメディア掲載

【テレビ】日本テレビ「月曜から夜ふかし」、NHK WORLD、フジテレビ「めざましテレビ」、フジテレビ「新発見アートバラエティ アーホ!」、テレビ東京「B級ニュースSHOW」、日本テレビ「SENSORS」、フジテレビ「見えちゃった!テレビ」、MBS毎日放送「ナミノリ!ジェニー」、TOKYO MX、Abema TV、フジテレビホウドウキョク、NHK秋田、鹿児島テレビ、他
【Web】Yahoo! JAPANトップ(ヤフートピックス)、GIZMODE、WIRED、ねとらぼ、Kotaku、Rocket News、SENSORS、Engadget、KAI-YOU、週刊アスキー、日刊SPA!、他多数
【ラジオ】TOKYO FM、J-WAVE、日本ラジオ、ソラトニワ、他
【雑誌・新聞】AERA、anan、東京新聞、朝日新聞(全国)、美術手帖、プレイボーイ、a day magazine(タイ)、リベラシオン(フランス)、他

 

これまでの作品がまとまった動画はコチラ

このブログは

メディアアーティストの市原えつこが、作品制作のこと、クリエーター向けのノウハウ、フリーランス・副業などの働き方、テクノロジー・・・などなど書き散らかすブログです。