プロフィール

 

市原 えつこ / Etsuko Ichihara

メディアアーティスト、妄想インベンター。1988年、愛知県生まれ。早稲田大学文化構想学部表象メディア論系卒業。日本的な文化・習慣・信仰を独自の観点で読み解き、テクノロジーを用いて新しい切り口を示す作品を制作する。アートの文脈を知らない人も広く楽しめる作品性から、国内の新聞・テレビ・Web媒体、海外雑誌等、多様なメディアに取り上げられている。
主な作品に、大根が艶かしく喘ぐデバイス《セクハラ・インターフェース》、虚構の美女と触れ合えるシステム《妄想と現実を代替するシステムSRxSI》、家庭用ロボットに死者の痕跡を宿らせ49日間共生できる《デジタルシャーマン・プロジェクト》等がある。
2016年にYahoo! JAPANを退社し独立、現在フリーランス。クリエーター事務所「QREATOR AGENT」所属。
第20回文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門優秀賞を受賞、総務省異能vation(独創的な人特別枠)採択。2018年に世界的なメディアアート賞であるアルスエレクトロニカInteractive Art+部門でHonorary Mention(栄誉賞)を受賞。
主な展覧会として、「デジタル・シャーマニズム – 日本の弔いと祝祭」(NTTインターコミュニケーション・センター[ICC])、「文化庁メディア芸術祭」(オペラシティアートギャラリー)等。

【公式Webサイト】http://etsuko-ichihara.com/

Photo by Takehiro Goto | 先端テクノロジーを用いて示す新しい弔いのカタチ-市原えつこインタビュー

これまでの経歴

愛知県出身。転勤族で西日本を転々としつつ幼少期から絵を描くこととコンピューターに親しむ。美術の世界への不信感から美大には進学せず、早稲田大学在学時は社会学やメディア論、身体表象論などを学ぶ。大学3年時に桃太郎神社、熱海秘宝館など日本独特の性信仰に衝撃を受け、大学の卒業制作として勢いと独学で「セクハラ・インターフェース」を渡井大己氏と開発(なお、通常は卒業論文が推奨されている)、学科の優秀論文に選ばれる。2011年に卒業後はYahoo! JAPANにてUI/UXデザイナーとしてWebサービスやアプリの制作業務に従事するが、卒業制作の「セクハラ・インターフェース」が国内外のネットで話題になったのをきっかけに兼業アーティストとして活動開始。
作家としての覚悟を問われる出来事(足の骨折)を機に2016年に5年間勤めた会社を退職し、メディアアーティストとして独立。祖母の死をきっかけに開発した「デジタルシャーマン・プロジェクト」が文化庁メディア芸術クリエイター育成事業や総務省異能vationに採択(倍率120倍)。メディア芸術祭、アルス・エレクトロニカなど国内外の主要なメディア芸術賞を次々と受賞し、本人が驚く。
近年は「奇祭・祝祭」に強い関心を持ち、ISIDイノラボとの共同プロジェクトとして「都市のナマハゲ」を制作。次回作では実際に奇祭を開催しようと目論み、カンバセーションズで制作インタビューを連載中。

Summary

  • 「死後49日を共生できるロボット」で第20回文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門優秀賞
  • 世界的メディアアート賞Prix Ars Electronicaで栄誉賞を受賞
  • 総務省の「変な人発掘プロジェクト」こと異能vation(独創的な人特別支援枠)採択
  • 「月曜から夜ふかし」「NHK WORLD」「めざましTV」などメディア出演多数
  • 「TEDxUTokyo」など外部講演多数、TV番組やイベントMCも担当
  • ISIDイノラボ 外部研究パートナー(Japanology Researcher)
  • 内閣官房オリンピック・パラリンピック基本方針推進調査:文化を通じた機運醸成試行プロジェクト採択
  • 日本経済新聞COMEMOキーオピニオンリーダー
  • 「すべての業界のぶっとんだ人が集まる」QREATOR AGENT所属

主なメディア掲載

【テレビ】日本テレビ「月曜から夜ふかし」、NHK WORLD、フジテレビ「めざましテレビ」、フジテレビ「新発見アートバラエティ アーホ!」、テレビ東京「B級ニュースSHOW」、日本テレビ「SENSORS」、フジテレビ「見えちゃった!テレビ」、MBS毎日放送「ナミノリ!ジェニー」、TOKYO MX、Abema TV、フジテレビホウドウキョク、NHK秋田、鹿児島テレビ、他
【Web】Yahoo! JAPANトップ(ヤフートピックス)、GIZMODE、WIRED、ねとらぼ、Kotaku、Rocket News、SENSORS、Engadget、KAI-YOU、週刊アスキー、日刊SPA!、他多数
【ラジオ】TOKYO FM、J-WAVE、日本ラジオ、ソラトニワ、他
【雑誌・新聞】AERA、anan、東京新聞、朝日新聞(全国)、美術手帖、プレイボーイ、a day magazine(タイ)、リベラシオン(フランス)、他

Forbes JAPAN

これまでの作品がまとまった動画はコチラ

このブログは

メディアアーティストの市原えつこが、作品制作のこと、クリエーター向けのノウハウ、フリーランス・副業などの働き方、テクノロジー・・・などなど書き散らかすブログです。